アクセスカウンタ
プロフィール
tomo
tomo
栃木でサバイバルゲームをやってます。          ロシア・ソ連装備に興味があって、ミリブロにはそっち方面に詳しい方が沢山居るのでいつも楽しく拝見しつつ参考にさせてもらってます。詳しくは無いですが、知らないなりに色々投稿していこうと思いますのでよろしくおねがいします。                  とりあえず今はソ連(アフガン侵攻)の装備を少しずつ集めて行ってます(まだまだ思うようにはいってないけど・・・)方針としては貧乏なのでなるべく安く、実物にこだわらずレプリカもあれば交えつつ・・・という感じで行こうと思います。                    他に車とかバイク、プラモ、イラスト描いたりするのが趣味です。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年03月21日

人民解放軍チェストリグ

今日は僕の持ってるチェストリグのことを書きます(もともと中国のチェストリグだけどカテゴリーはソ連装備で・・・)




人民解放軍で使われていたチェストリグはパキスタンなどからたくさんアフガニスタンに送られてムジャヒディンに供与されていたみたいです。ソ連兵の人も使いやすかったのか、ふつうに使っている写真を見るを見られます。
敵味方同じ装備で戦っていたっていうのもなかなか興味深いですね。




56式用のチェストリグです。色とか、色んな種類があるみたいですね。僕の持っている物で後ろのスタンプを見ると本当に40年以上前の物から、2000年代に入ってからのものまで・・・ずっと作ってたみたいですね




81式用のチェストリグです。こっちも色違いとかでいろんな物があるようです。56式と違ってマガジンが4本入ります。






僕は持っていないので拾い画像になりますが、56式(SKS)用のチェストです。現地では何を入れるのに使ってたのか僕もハッキリわからなくて・・・、AK用のグレネード弾でも入れてたのかなーなんて考えてるんだけど、実際どうだったんでしょうか、詳しい人にあとで聞いてみたいです



同じく持っていないので拾いです。63式用のチェストリグです。この形の物はあまり見かけないように思います、結構使われてたのかなあ・・・?




やけに人物がハッキリしてるから海外のソ連好きが合成した!とかそういう写真だったらごめんなさいw
この人は56式(SKS)用チェストリグをつけてますね、ポケットが閉まっているので中身が分からないのが残念・・・。ポケットにドットボタンが着いているけど現地改造なんでしょうか、それとも元々ドットボタン仕様の物も作られていたのかな。謎は深まる・・・









ぎゅぎゅうに詰め込んでらっしゃいます





81式?の現地改造でしょうか、それともバリエーションなのかな、フタを留める部分が独特ですね。





ちょっと見づらいけど81式っぽい物を付けてる人が居ますね。


81式は、僕の持ってる拾い画像の中では着用してる人があんまり多くないです。「81」ってついているぐらいで当時80年代ですから、採用されたばっかりであんまりチェストの数自体も出回らなかったのかな?なんて予想してみます。実際はどうだったんでしょうか・・・うーんw


現地改造もたくさんあるし、使い方ひとつとってもひとつのポケットに無理矢理2本挿したり・・・奥が深いですね

まだまだ勉強不足で知っていることが少なく、あまり有意義な情報を載せられませんがよろしくおねがいします。
また、何か間違った点などが内容にありましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。




同じカテゴリー(ソ連装備)の記事画像
2016年の撃初め
雪が降ったので・・・
TBFにいってきました
GP25購入・装着しました!
丸山BBQ行ってきたよー
アフガンカ
同じカテゴリー(ソ連装備)の記事
 2016年の撃初め (2016-01-11 17:21)
 雪が降ったので・・・ (2014-02-08 17:58)
 TBFにいってきました (2013-11-24 16:15)
 GP25購入・装着しました! (2013-11-03 23:17)
 丸山BBQ行ってきたよー (2013-07-21 17:54)
 アフガンカ (2012-03-18 23:52)

この記事へのコメント
こちらでは初めまして

アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)におけるソ連軍参謀本部情報総局の
特殊任務部隊に従軍していた元隊員の証言に基づいて書かれた本によりますと

56式(SKS)用のチェストは、弾薬の紙パック・グレネードランチャー弾etcの小物収納用として使われていたとのことです

>やけに人物がハッキリしてるから海外のソ連好きが合成した!
現地のムジャヒディンに偽装したGRUスペツナズ隊員です

この当時のチェスト事情は複雑怪奇であり現地改造のもあれば、本国で製造されたものもあります。一概には言えないのもあり非常に興味深いテーマだとも言えます
Posted by CRS@空挺軍CRS@空挺軍 at 2012年03月21日 22:45
うおおお!コメントありがとうございます、いつも拝見させてもらっています!

>元隊員の証言に基づいて書かれた本
おお、そんな本があるんですね・・・
ネットの海外サイトも英和辞書引きながら読んでるぐらいなので、ロシア語の本とかだと余計に読めないだろうけどすごく興味あります

>56式(SKS)用のチェスト
グレネード弾だけじゃなく色んなものを入れていたんですね、謎が解けて良かったです。
ありがとうございます!

>現地のムジャヒディンに偽装したGRUスペツナズ隊員です
当時写真に合成した写真とか見たことあったのでちょっと疑ってたんですが、疑いが晴れてよかったですw

>非常に興味深いテーマ
着こなしとか見ても各々ばらばらで、見ていて興味は尽きません、そこが面白いというか、興味が引かれますね
Posted by tomotomo at 2012年03月21日 23:03
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。